仮設ブログ

仕事を辞めて絵を描く仕事に転職しようと行動するブログ

コミティア行って感じたこと、自分なりの売れる本の分析

お久しぶりです。

コミティアの本の制作が忙しく更新出来ませんでした。

 

本日コミティア119に行ってきました!

 

結果ですが、5部売れました!!!!!

 

5部……(´;ω;`)

 

正直10部以上は売れると思ってた。

正直辛かったです。

 

そこでコミティアで売れる本はどの様なものなのか自分なりに分析しました。

 

1表紙にどれだけ魅力を詰め込めれるか、

2画力、高級感はあるか?

3知名度をあげよう。

4、1〜3があって本の内容。

 

まず1、表紙にどれだけ魅力を詰め込めれるか?

お客さんは各スペース一瞬目を向けます。

多分1〜2秒くらいです。

そのあいだ目に入るのはおよそ表紙の絵とタイトルくらい。

そこでどれだけ魅力的に見せるか、その一瞬でどんな本の内容か想像がつくかどうかです。

 

ここがクリア出来ないと、まず本に興味を持って貰えません。目の前を通り過ぎて行くだけです。

 

2、画力、高級感はあるか?

これは他のサイトを見てあった意見なのですが、

コミティア参加者はかなり年齢層が高く、作品に対して目が肥えています。

その人たちに響く本を作る為には、基本的な画力、また高級感があること

高級感は本の装丁に当たる部分です。

きちんとデザインされちゃんとした本にしていないと興味を持ってもらえません。

 

3、知名度はあるか?

コミケなどの二次創作では版権の力によって本が売れやすいですが、オリジナルオンリーのコミティアでは版権の力がないので、モロに作家の知名度=売れ行きに繋がってゆきます。

Twitterやpxixvなどで多くのフォロワーを持つことはかなり重要だと感じました。

 

4、1〜3があって本の内容

ここでやっと本の内容です。

1〜3が無ければまず本を手に取ってもらえません。スルーされます。

逆に1〜3が出来ていれば手に取ってくれた人が買ってくれる可能性は高くなります。

 

まとめ、

売れる本を作るにはまず表紙にインパクトがあって、かつ画力が死ぬほど上手く、デザインされた本である事、

そこにTwitterやpxixvなどで多くの生きたフォロワーを確保し宣伝をしてゆくこと!

なおかつ本の内容が面白い!!!!!

 

無理だろこんな本!!!!!!!!

 

やれる事として、画力的な部分の1〜2までは勉強次第で何とかなります。1〜2が高まり、運が良ければ3、フォロワーが増えます。

Twitterやpxixvも時間帯や、どんな絵を上げるか、

素晴らしい内容でも埋もれてしまう事もあります。なのでここは沢山絵をアップして、チャンスを多く持つ事が重要だと思います。

 

以上です。

 

このブログ始まって以来の長文になってしまいました。

しかし、上記にある事は私の分析です。

私は今日コミティアで5部しか売れて居ない人なのであまりあてにはしないで下さい。

今日サークルを回って多分こんな感じの本がうれるのでは?と言う考察です。